経済美学入門

小浜 奈々子

 
 ◆ 与太郎の経済学
 
 かつて、ある年代までは、大工の日当は材料費に等しく計算できた。
 一本1万円の材木を仕入れて、これを加工して完成するまでの工賃を
1万円と概算する。腕次第なので、一日で完成すれば日当1万円である。
 
 腕が悪かったり、未熟だと二日かかるから、日当は5千円となる。
 その結果、どんな仕上がりでも客の払いは合計2万円になる。
 この概算法は(最近では)日当>材料費となって久しい。
 
 このような計算を、デザイナーに適用すると、妙なことになる。
 材料費は、わずかな絵具と紙切れだから、説得力にとぼしいのだ。
 下手な画家と同じで、描かないままのカンバスの方が値が高い。
 
 ◆ 秘書の給料
 
 法廷映画《或る殺人》では、貧乏弁護士が調査の途中や裁判の最中に、
秘書にむかって「キミはクビだ」などとという。
 すると、年増の秘書(未亡人?)は、平然とやりかえす。
 
「いいわよ、いままでの給料を払ってくれればね」
 彼女は、なんだかんだ云いながらも、この弁護士に惚れているらしい。
(いつか口説いてくれる日を待っているのだろうか)
 
 この映画を観たのは、与太郎二十一才のころ(19600130)である。
 与太郎は、この秘書が何ヶ月も払ってもらえないことに疑問を抱かず、
雇い主もまた払わずにいることにも、さほど不自然だとは思わなかった。
 
 ところが、二十八才になった与太郎は、複数の店員に給料を払うこと
が苦しくなってみて、はじめて現実に直面したのである。
 とても、このような雇用関係は成立しない(三月もたない)のだ。
 
 給料がおくれおくれになっても、続くような雇用関係では、いかなる
条件が必要か。すくなくとも秘書は、わかい頃の貯金か、亡夫の遺産か、
親ゆずりの資産を切りくずしているのだろう。弁護士はスッカンピンだ。
 


♀Arden,Eve   19070430 America 19901120 83 /《牛乳屋》19901112没?
 Stewart,James 19080520 America 19970702 89 /《翼よ、あれがパリの灯だ》
♀Remick,Lee  19351214 America 19910702 55 /《酒とバラの日々
── Stewart,James《Anatomy of a Murder“ある殺人”1959 America》
http://www.articles.dvdbeaver.com/film/post/Anatomy%20of%20a%20Murder%201959.jpg
 
 ◆ はだかの請求書
 
 キャバレー時代に、つぎのような出演料の納品書を見ている。
「朱雀 さぎり(ヌード)、@7500円、数量(3回)、小計22500円」
 ちなみに当時の高卒初任給が7500円、与太郎は月給15000円だった。
 
 商店主だったころの与太郎は、売りあげた商品の請求書を書くことに、
まったく抵抗がなかった。「商品にはストーリーがある」などという説
をとなえて、独自の伝票システムを開発したほどだ。
 
 ただしデザイナーとしては、みずからデザインした作品に値をつけ、
納品書を出すという行為が、とても気恥ずかしかったのだ。
 このような不調和な感覚が、実に四十才すぎてもつづく。
 
 有賀のゆりさんの(最初の)チェンバロ・リサイタルが終ったあと、
関係者あての礼状「ご挨拶」を受けとった。この礼状にいたるまでも、
与太郎のデザインだから、たんなる儀礼として受けとったのである。
 
 そのまま車のダッシュボードに投げこんでいたが(なにかの拍子に)
発見して驚いた。まさか現金がしのばせてあるとは思わなかった。
 すぐに「お礼」に伺うと、のゆりさん母娘は笑って応対された。
 
 与太郎にとっても帰郷後の初仕事だったが、その後も数年間ほとんど
友人知人からの依頼や紹介だったので、値段を決めたり、領収書とひき
かえに金を受けとるのには、いつまでも抵抗があった。
 
 かなり経ってからも、そのまま言いそびれていたら、半年のちに現金
書留が送られてきたこともある。依頼主にすれば、印刷屋に支払ったの
で一件落着だと思っていたらしい。
 
 運よく仲介者が「あのときの謝礼は受けとったの」と気づいてくれ、
「いや、受けとっていない」と答えたので、あらためて依頼者に進言し
てくれたらしい。たぶん「印刷屋からリベートを受取らない」とでも。
 
 また、あるときどうしても必要な現金が足りなくて、考えあぐねた末、
以前おさめた作品を思いだし「いつぞやの分を、ご清算ねがえませんか」
と電話したこともある。この段階では、先方も気分よく払ってくれた。
 
 後半生の与太郎は、値ぶみしたり取りたてたり、できるようになった。
 結局は、法人組織(代理店)を介することである。個人の私有財産
なければ(なぜか)大威張りで催促できたのである。
 
 ◆ 胸の内
 
 与太郎の習性は、大切な書類は、なるべく左胸の内ポケットに収める。
現金や小切手なら、かならず財布に入れる。
 財布は、紙入れともいう。紙幣は紙だから紙入れにおさめるのだ。
 
 小切手は決して折らない。
 すこし大きめの書類でも、財布にはさんでから仕舞う。
 もし封筒が大きすぎれば中身だけを財布に入れたほうが安全である。
 
 また、なにかの拍子に、他人に見られて困るような場合には、右の内
ポケットに入れてから、ボタンを掛けておく。
(最近は布製のマジックテープが普通になってしまった)
 
 ついでながら、現金で賄賂を渡す場合は、わざと大きめの封筒に入れ
るのがよい。緊急の場合は、週刊誌などにはさんでもよい。
 さりげなく、テーブルの左右どちらかに寄せて、置き忘れてもよい。
 
 うろうろと周囲を見わたしたりせずに、十分に気配を観察すること。
 現金そのままの大きさに封筒を折り曲げ、うやうやしく捧げもったり
すれば、通りがかりの者にも気づかれてしまうだろう。
 
 ◆ こころづけ
 
 接待するとき、帰りがけの支払いに時間をとられるのは無粋である。、
 最近の実例(中林氏を案内した料亭)だが、おまけに新幹線の時間が
迫っていたので、思いついて試してみた方法がある。
 
 与太郎は、いつも胸ポケットに厚手のハンカチを挿している。
 若いころは、背広やワイシャツとの色合いを重んじていたが、最近は
むしろ質感を大切にして、最後の高田賢三ブランドを愛用している。
 
 財布をもたないとき、これを紙入れとしても使うのである。
(この財布についても、うんちくがあるが、いずれまた)
 わに革の財布を、腹巻から取りだす人にはかなわない。
 
 あらましの金額をハンカチにはさんで、さりげなく仲居に手わたす。
決して丁寧にくるんではいけない。ものなれた仲居なら、同席者にばれ
ないよう目立たない受けとり方を心得ている。(内田百輭の項を参照)
 
 廊下に出た彼女は、一目でチップかどうか知る(別の意味をもつこと
もあるだろう)。このたびは、あきらかに勘定にふさわしい金額なので、
まよわず帳場にもっていくはずだ。
 
 はたして、つり銭を音たてないよう、紙幣で小銭をくるむようにして、
客にもどす。これとても、わざわざ支払いの礼をいったりせず、忘れ物
を手わたすような心得が必要である。
 
 あるいは、つり銭をつつんだ紙きれを、あとで広げてみると電話番号
だったりすると、客はよろこぶにちがいない。与太郎は未経験であるが、
嬉しがって開いたら、溜まりたまった勘定書だったりすることもある。
 
 ◆ 藪の中の酒手
 
 かつて与太郎が、書庫がわりに借りていた空家に、酒友・多羅尾君が
寄宿することになった。女房に逃げられて落剥していたのだ。
 当座の酒手(さかて=飲み代のこと)を、長男に持たせた。
 
 その後、何度も顔をあわせるのに、数週間たっても、反応がない。
 「いつぞや、ことづけたものは受けとったかな」とたずねると、彼は
無表情に「そんなものは、受けとっとらん」と答えた。
 
 あらためて長男に「ちゃんと届けたか」と念をおすと、当時十八才の
息子は目をうるませながら「ちゃんと手わたした」と答える。
 悪友と愚息が、それぞれ反対の証言をしたら、どちらを信じるべきか。
 
 封筒に入れた現金を、封筒のまま渡したので、まちがって封筒のまま
捨ててしまったのだろうか。しかし、あきらかに紙幣には独特の感触が
あり、ときには外見だけでも判別できるはずだ。
 
 やむなく二人を前に「一方は届けたといい、他方は受けとっていない
という。もういちど聞くが、まちがいないか」と確認する。
 この件は、いまだに物的証拠がないままで、うやむやになった。
 
 数ヵ月後に、彼は与太郎と他の問題がこじれて不仲となり、決裂して、
空家を出ていった。
 実は、彼が与太郎のもとから失踪したのは、これが二度目である。
 
 ◆ ポッポの記憶
 
 むかし、知り合いの企画会社に面接に来た若者は、尻のポケットから
しわくちゃの履歴書を引きずりだしたので、採用後も語り草にされた。
 すべての人が大切なものを同じポケットに入れるとはかぎらない。
 
 橋本元首相は、胸のポケットに手をあてて思いだすべきだ。
 彼は、大切なものを受けとったら、どのポケットに収める習慣がある
のか。古い友人たちも、よくよく思いだしてみるべきだ。
 
 ハダカのまま内ポケットへいれたのか。
 懐紙にくるんだのか、封筒ごと財布にしまったのか。
 同席者の証言に、具体的なリアリティが感じられないのはなぜか。
 
 上田 清司(民主党)質問「帰化を許された中国人女性外交官の出生日」
 3通りのパスポートを持つ公安スパイ? 橋本 竜太郎の通訳(愛人?)
 山上 信吾(外務省)答弁「パスポートにより身分証明書を発行したが、
みだりにプライバシーを公開しない」(19980611)
 

 
♀李 □□(り・へいし)外交官? 19530620 China /異説19550520
 19530620=法務省帰化申請書(19961216官報公示)の生年月日
 19550520=外務省パスポート(出入国管理カード)の生年月日
 
 山上 信吾 外務省      19‥‥‥ ‥‥ /(やまがみ・しんご)
国際法局条約課長/北米局北米第二課課長/大臣官房監察査察室長(2003)
 
 上田 清司 元衆議院議員   19480515 福岡 /民主党埼玉4区
19980611質問「橋本 首相の愛人疑惑=李 ヘイシの誕生日異説」
20051122埼玉県知事定例↑会見で「委員に歴史、文化に対する造詣のな
い人が多すぎる」などと批判した。[HP]早大大学院"
 
 
 ◆ おひねり追記
 
 やしき・たかじんは、去年の番組では、スバル360を「もらった」
と表現している。桂ざこばが「そんなもん、くれる人がおるんか?」と
ただしたのに対して「うん」と答えている。
 
 彼が、数年前の自伝に「給料のかわりに差しだされた」と書いていた
のを読んで、与太郎は憤慨し、なかば公開書簡のような架空対談を書き
送ったものだ。返事はなかったが、彼なりに納得したのだろう。
 (20041024-1025-20060217)(重複)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓=Non-display><↑=Non-display

────────────────────────────────
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060216
 絶望三業 〜 金より大切なものはない 〜