Q&A文化衰亡史 〜 サロン調から銭湯風へ 〜

adlib2010-03-22

 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20100322
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000
http://www.enpitu.ne.jp/tool/edit.html
 
 Ex libris Awa Library;J. S. Mill(岩波文庫口絵)
 
 ストレージ・メディア「スカイドライブ」を検索すると、上位ランク
は「5GB」当時の解説ばかりで、一年前に拡大された「25GB」に
言及したサイトが見あたらない。
 
 同じようなものかもしれないが、むかし購入したモバイル・ディスク
も「5GB」だったので、数年前から使えなくなった。そこで「8GB」
に買換えたら、半年前にハードディスク(30MG)が壊れてしまった。
 
 青くなってメーカーに相談すると、最近はハードディスクそのものを
修復交換できるという。かくて「160GB」の新しいハードディスク
に取換えられた。要するに、外部保存が無用になったのだ。
 
 このような経由から、外部保存から空中保存への移行は、待望久しい。
 まるで使いこなせなかったジャストシステムの「IDisk」や、一方的に
閉鎖された Yahoo!「ブリーフケース」への失望感は、生々しい記憶だ。
 
 同じソフトであっても、ユーザーの環境や習熟度によって、さまざま
な問題があるので、メーカーには重い責任がある。開発当初の意気込み
は扇動的かつ衝動的であっても、もっと中習者を大切にすべきである。
 
 ほんとうの多くのユーザーは、数年間使いつづけてから、いくつかの
疑問を抱きはじめるのではないか。このときすでにメーカーが仕様変更
していると“トヨタ・リコール”のようなギャップが生じるのだろう。
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20100311
 茶番戯曲 〜 トヨタ・リコール問題 〜
http://q.hatena.ne.jp/1268404173
 
 そこでQ&Aサイトに質問すると、自分で使ったことのない回答者が、
Google 検索から(上位だが古い)サイトをコピペして、もっともらしく
教えてくれる(そもそもアクセスが少ないので上位のまま変動しない)。
 
 古参ユーザーの回答者は、もとは教える喜びが動機だったはずだが、
いつのまにか謝礼が目的化している。
 つぎのコメントが、それぞれ三者三様の価値観を伝えている。
 
http://q.hatena.ne.jp/1246803819#c153925 MEI-ZA-YU
 粗茶と饅頭と座布団 〜 trial and error 〜
http://q.hatena.ne.jp/1246803819#c153933 kn1967
 
 この傾向は《ミル自伝》が厳しく指摘している。
── 生きる為めに書いた文章は、それ自身実は生きてゐない文章だ。
(John Stuart Mill)P94-95(OCR別記)
 
── お金のために描いた油彩を見ると、とても孤独な心象が伝わる。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20080128
 過去の歌 〜 後半の陰から忘れちゃいかがと過去が啼く 〜
 
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003411684
── Mill/西本 正美・訳《ミル自傳 1859‥‥ England 19281215 岩波文庫
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20050507 秀才三傑 〜 アクセス・カウント 〜
 
http://q.hatena.ne.jp/1239834940#a911271
── 評論家がいつ頃から誕生し、どんな役割をもっているのか
http://q.hatena.ne.jp/1268788431#a1001251
 
── 両者の文芸批評は、内容はともかく、文体口調に人気があったの
です。── 文章道入門 〜 設問の作法と手順 〜
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5340358.html (No.3)
 
 あるいは、評論家という人々も、広く浅く知っているようで、本当は
永年キャリアを積んでいても、最新情報を入手しているとはかぎらない。
 まして、ひとつのメディアやメーカーを追跡しているわけではない。
 
 Q&AにMyブログを引用するのは、かならずしも我田引水ではない。
「たったいま思いついたわけではない」とか「あの場合こうも述べた」
という意味もある。
 
(20100322)