俗物頭寒即熱 〜 銘器に群れる鈍器 〜

adlib2018-08-29

 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20180829
 Ex libris Web Library;Rattle, Simon
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180829-00547101-shincho-pol


 Maazel, Lorin  指揮 19300306 France America 20140713 84 /
 Rattle, Simon  指揮 19550119 England /2002-201806‥ ベルリン・フィル芸術監督
 笹川 陽平 財団理事長 19390108 東京 /良一の三男
 海老沢 勝二 元NHK会長 19340505 茨城 /貸与委員長
────────────────────────────────
♀塩見 和子 貸与委員長 1943‥‥ ‥‥ /同時通訳の草分け
♀諏訪内 晶子  Violin 19720207 東京 /1990 チャイコフスキー・コンクール優勝
https://twilog.org/awalibrary/search?word=%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%86%85%20%E6%99%B6%E5%AD%90&ao=a
♀安倍 昭恵  首相夫人 19620610 東京 /“アッキー”
https://twilog.org/awalibrary/search?word=%E5%AE%89%E5%80%8D%20%E6%98%AD%E6%81%B5&ao=a

https://twitter.com/amneris84/status/1035070496830681088
 ベルリン・フィルの世界的指揮者が激怒 〜 人事の裏に“アッキー”
   
…… この6月まで、世界最高峰のベルリン・フィルの首席指揮者兼芸
術監督を、16年にわたって務め上げたサイモン・ラトル(63)。そんな
巨匠がいま日本に激怒し、欧米では大騒ぎになっている。そこには、
あの女史の影も見え隠れして。
 
 ラトルは英国生まれで、現代最高の指揮者の一人だが、実は、怒って
いるのは彼だけではない。伝説的チェリストパブロ・カザルスの未亡
人でマンハッタン音楽院学長などを務めたマルタ・カザルス・イストミ
ン、ヴァイオリン教師の最高峰でミュンヘン音楽大学教授のアナ・チュ
マチェンコ、韓国出身のヴァイオリンの巨匠チョン・キョンファ、ほか
にもゾロゾロいる。
 
 上の巨匠たちと親しい欧米の音楽関係者が言う。
 
 「彼等はみな、日本音楽財団の楽器貸与委員会のメンバー。委員長の
ラトルは6月下旬、財団宛てに“日本音楽財団の貸与委員会から塩見和子
さんが退任されたことを知り、私はただちに当委員会の委員長を辞任
します。大きな悲しみと苛立ちを覚えます”とメールしています。ほか
のメンバーもすぐ同調しました」
 
 説明が必要だろう。日本音楽財団は、かつては日本船舶振興会と呼ば
れた日本財団系列の財団。ストラディヴァリウスを中心に、20挺余りの
歴史的弦楽器を所有し、その資産額は計100億円近いという。で、それ
ら名器をすぐれた演奏家に貸与することこそ日本音楽財団の事業で、貸
すに値する演奏家を選ぶのが楽器貸与委員会である。
 
 一方、「塩見 和子さん」とは、日本における同時通訳の草分けで、
サザビーズ・ジャパン社長をへて、日本音楽財団の理事長、そして会長
になった人物。
 
 「弦楽器が高くて演奏家が苦労しているから支援してはどうか、と提
案したのが、そもそも塩見さんです。だけど闇雲には貸せないから、貸
す人を選ぶ国際的な貸与委員会が要る。彼女は英語が完璧だから、指揮
者のロリン・マゼールを口説いて委員長に据えましたが、4年前に亡く
なりラトルに引き継いでもらった。日本マネーを日本人だけに使うので
はなく、世界の優れた若手に広く楽器を貸与してきて、欧米では“日本
が海外に誇れる唯一の財団”という声をよく聞きます」(同)
 
 100億円が空中分解
 
 その塩見さんがこの6月、財団の会長と貸与委員を突然、解任された。
ラトルに近い関係者が言う。
 
 「塩見さんも75歳。いずれお辞めになるとは思っていたけど、突然引
き継ぎもなく辞められたら楽器貸与事業が空中分解します。この事業は
海外にネットワークがかなり広がっていて、誰もがすぐに引き継げるも
のではない。クセが強い一流芸術家たちとの英語で結ばれた信頼関係は、
時間をかけて丁寧に引き継ぐ。欧米ではそれが常識です。ラトルのもと
に、後任の海老沢勝二氏(元NHK会長)から“辞めないでください”と
いうメールが来て、言下に断ったそうですよ」
 
 では、彼女はなぜ解任されたのか。外国人への貸与が多いが、元手は
日本のお金なのだから、もっと日本人に貸すべきだ、という内向きの苦
言も寄せられていたという。加えて、
 
 「日本財団笹川陽平会長から、ヴァイオリニストの諏訪内 晶子への
貸与期間が長すぎで、“政府筋”からも指摘されている、と告げられた
とか。諏訪内と敵対する人物が総理夫人と非常に親しく、その関係では
ないかと聞きました」(同)
 
 笹川陽平氏に連絡すると、日本財団から、
「結果として長期間にわたり継続的に貸与し続けている例が多くみられ
ることから、事業主旨に反する例が多くなりました」
 
 等の回答が届き、安倍昭恵夫人の関与は否定してきた。一方、塩見さ
んは、「たしかに、きちんと引き継ぎをさせていただければ混乱を防げ
たと思います。その点が残念です」と言葉少なに語った。
 
 いずれにせよ、欧米で日本の良心と評されていた楽器群が、巨匠たち
の後ろ盾を失って、金満日本の象徴のように宙に浮いている。
── 《20180816・0823 週刊新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180829-00547101-shincho-pol&p=1

 


http://twitter.com/awalibrary
http://twilog.org/awalibrary(ツイログ検索)
http://booklog.jp/users/awalibrary(書籍目録)
 |
http://q.hatena.ne.jp/adlib/はてなQ&A)
http://d.hatena.ne.jp/adlib+bilda/(準公開)
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=gswyn755
 |
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20180829
http://www.enpitu.ne.jp/tool/edit.html与太郎文庫)
 
(20180830)
 
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐

↓=Non-display><↑=Non-display

└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘